日焼け止めの問題点、選び方

ノンケミカル日焼け止めの問題点の改善

現在、様々な種類の日焼け止めが販売されていますが、それぞれ、どのような違いや特色があるかご存知ですか。
日焼け止めを選ぶ際の最も重要なチェックポイントは、紫外線吸収剤を含んでいないものを選ぶという点です。

 

紫外線吸収剤は、肌の上で化学変化を起こし、紫外線のエネルギーを熱等に変換して、放出します。
したがって、それが、肌への刺激となる場合があります。
紫外線吸収剤を使用していない日焼け止めは、「紫外線吸収剤不使用」とか「ノンケミカル」という表記がなされているので、その点をよく見て選ぶのがよいでしょう。

 

普通の外出であれば、SPF20前後で、PA++程度で十分です。
ただ、紫外線に弱く、肌がすぐに赤くなってしまう方は、少し強めのSPF30くらいのものがよいでしょう。

 

ノンケミカルの日焼け止めには、白い粉状の紫外線散乱剤が使用されているため、肌に塗ると、白く粉っぽくなってしまうのが難点でした。
しかし、このところ、微粒子化の技術が進んで、白浮きしてしまう問題点も、かなり改善されつつあります。
さらに、ノンケミカルのものは、酸化亜鉛や酸化チタン等、金属を酸化させた粉末を成分としているのが特徴なのですが、これにシリコンコーティング等をして、肌に直接触れないように工夫されているものも出てきています。

 

紫外線吸収剤を使用しているものと比較して、肌への負担が軽く、さらに、よりキレイな仕上がりに改良されてきているとなれば、今後、ますますノンケミカルの日焼け止めの人気が高まりそうです。

肌が弱い人のための、より良い日焼け止めの選び方

現在、日焼け止めには様々な種類がありますが、肌が弱い人や敏感肌の方には、ノンケミカルのものがオススメです。

 

一般的に、日焼け止めには、紫外線吸収剤が配合されています。
紫外線吸収剤とは、紫外線を吸収し、肌の上で化学反応を起こし、熱等に変換した上で放出して、紫外線から肌を守ります。
したがって、場合によっては、肌への刺激となります。
紫外線A波に対してはパルソールAやメギゾリルSX等が、紫外線B波に対しては経皮酸やオキシベンゾン等が使用されています。

 

紫外線吸収剤不使用のものは、ノンケミカルとも言い、紫外線散乱剤が使用されています。
紫外線散乱剤は、紫外線を反射等することで、肌に紫外線が届かないように作用します。
肌の上で化学変化を起こさない分、肌への負担は少ないのですが、紫外線散乱剤は白い粉状のため、肌に塗ると皮脂を吸収して、乾燥肌の原因になる場合があるというデメリットがあります。
紫外線散乱剤には、酸化チタン、酸化亜鉛や酸化セリウム等が使用されています。

 

さらに、合成界面活性剤が配合されている日焼け止めは、石鹸だけでは落としにくいため、クレンジングで落とすことになります。
肌が弱い人にとっては、クレンジングも肌への負担となります。
日焼け止めを塗って、落とすのは、毎日のことになるわけですから、クレンジングも不要なものの方がより良いわけです。
紫外線吸収剤、合成界面活性剤や合成ポリマーが配合されていないノンケミカルの日焼け止めであれば、石鹸だけで洗い流せるので、肌に負担をかける心配はありません。

 

したがって、日焼け止めを選ぶ際は、その効果のみならず、日焼け止めの落とし方についても着目することが、より肌に優しい日焼け止めを選ぶための重要なポイントとなります。